人気の手作りランドセル カザマランドセル手作りへのこだわり使用生地

カザマのランドセル職人が選んだ生地

カザマはランドセルに最適な
「クラリーノ」を生地として使用しています。

使用生地

ランドセルに必要なのは、
「軽さ」「丈夫さ」「水への強さ」です。

カザマがランドセルに採用するのは、軽くて丈夫で水に強い「クラリーノ」です。
お子様の負担を考えると「軽さ」がとても大切です。
さらに、丈夫でお手入れの簡単な素材であることも重要。
そこで、カザマはこれまでの試行錯誤の結果、人工皮革(クラリーノ)が最もランドセルに適した素材であるとの結論に至りました。
6年間安心して使える強度と、撥水加工で雨にも安心です。

ふんわり柔らか 撥水加工

Fabric

ランドセルに使われている
生地の比較

ランドセルには様々な生地が使われていますが、それぞれ特徴をあげてみました。
ランドセル選びの参考にご利用ください。

生地 特徴

クラリーノ
人工皮革。天然皮革と比べると、軽量で撥水性に優れているため、ランドセル用素材に適しており、多く使用されるようになった。肩ベルトに使用すると生地が柔らかいので、体に馴染みやすい。革表面をウレタンコートしている為、発色もよく水に強いので、雨に濡れても安心でお手入れが簡単なのも特徴。
牛革
(ハイブリッドレザー)
天然皮革。以前からのランドセルの定番素材。自然なシボ感をもつ。生地は堅いので、使いこむことで、体に馴染むのが特徴。ランドセル用に使用される革は、防水性や防傷性、発色を持たせたり、革特有のキズを隠すために革の表面にウレタンフィルムや顔料でコートしたものが一般的。人工皮革に比べると、1~2割ほど重いのも特徴。
コードバン 天然皮革。馬のお尻の堅牢な部分で、革の表面にシボ感はなく、なめらかな質感をもち、光沢が美しいのが特徴。高級な靴や財布、小物類に多く使用される。人工皮革と比べると、1~2割ほど重くなってしまうのも特徴。
牛革(ヌメ革) 天然皮革。原皮を植物の渋に含まれる成分のタンニンでなめした皮革で、革表面を加工していないので、本来の革の特徴である経年変化を楽しめるのが特徴。味わい深い素材である反面、水に弱いので、雨の日やお手入れに注意が必要なのも特徴。

手作りのこだわりトップへ