人気の手作りランドセル カザマランドセル手作りへのこだわり会長 風間 春雄 インタビュー

カザマのランドセルは、景色がいい。

会長 風間 春雄 インタビュー

「ウチのランドセルは景色がいい」とは、インタビューの冒頭の会長の言葉です。
九十歳間近の老人の言葉とは思えないほどの、艶やかな表現に驚きました。
こんな会長が語る、カザマのランドセルの魅力とは。

しなやかに寄り添う、ランドセル。

Special interview

カザマのランドセルは、肩や背中にしなやかに寄り添うよう、
ベルトやパッド、背の部分に工夫をしています。
ほかのランドセルと“背負い比べ”をしてみてください。
ウチのランドセルのほうが、軽く感じられることでしょう。
もちろんこの構造は、カザマの特許です。

カザマのランドセルは、景色がいい。

Special interview

カザマのランドセルは、景色がいいといつも思っています。
ランドセル本体と肩ベルトが作るなだらかな曲線。
スッとした佇まいの秘密はこの曲線にあります。
この曲線にたどり着くまで、相当の試作品を作りました。
景色がいいランドセルだから、背負い心地もいいのです。

高品質で求めやすいランドセルを作り続ける。

Special interview

学生カバンを作りはじめたのが今から70年前です。
そしてランドセルだけに絞り、半世紀が経ちました。
ウチのランドセルは人口皮革「クラリーノ」を使っています。
子どもたちが6年間使い続けるランドセルには、最高の素材です。
これからも軽くて丈夫で型崩れしないランドセルを
求めやすい価格で提供し続けたいと思います。

子どもたちの成長を願う。
創作意欲は衰えることはない。

子どもたちは、私たちみんなの宝物。だからこそ、健やかな6年間を過ごしてほしい。
こんな思いを胸に抱き、風間会長は毎年新しいモデルを創作します。
2020年度モデルは「パンダ」の愛らしいさをイメージしました。

カザマのランドセルの頂点ともいえる素材選びや丹念な作り込みを実現した
会長プロデュースの「THE KAZAMA MODEL(ザ・カザマモデル)」。
この会長の取り組みは、すべてのカザマランドセル作りに生かされています。

ザ・カザマモデル